argentia
燐苦土系肥料 燐・苦土

燐苦土系 苦土重焼燐1号

・ 性状 色、形
・ 成分 保証された保証%表示
・ 吸湿性、水への溶解度 難易度を表示
・ 酸度 酸性値
・ 肥効 速効性、緩効性
・ 性質 肥効の特徴

・ 性状 灰白色の粒状
・ 重過石又は燐酸に焼成燐肥、含苦土岩石を混合して小さな粒状にしたもの
・ 成分 く溶性燐酸35.0 「内水溶性燐酸16.07」 と く溶性苦土4.5
・ 吸湿性 しにくい
・ 酸度 微酸性
・ 肥効 まず、水溶性燐酸が吸収され初期生育がよく、生育後半にはく熔成燐酸がじわじわ吸収されるので短期、長期の作物とも効果ガある
・ 副成分として石灰20、珪酸9、鉄2%、ホウ素、マンガン、モリブデン等も少量含まれている
・ 無硫酸根なので根腐れ、発芽障害の心配がなく、連用しても土壌を酸性化しない
・ 各作物の元肥に適し、多の肥料と混ぜて使用してもよい
・ 苦土の一部が燐酸第一苦土、燐酸第二苦土の形態になっているので燐酸と苦土が同時に吸収され、作物体内で助け合って成長を促進され品質のよい物ができる
・ ホウ素やマンガンの欠乏地帯には、ホウ素・マンガン入り苦土重焼燐を使用すると良い

カリ肥料としてはよいと思う。

苦土重焼燐写真


inserted by FC2 system