chlorophylla
工事中ある会社のTillandsiaの育成.A編

[Up] [Books] [Photo01] [Enviroment] [高度植生] [Growing] [Monthly_Flower] [Force] [Sprout] [Seed] [Root]

チランドジアって何?

チランドジア(ブロメリア族の最も大きい部類)は、南~中央アメリカと合衆国の南部に自生しています。 いろいろなチランドジアは、木、岩、がけとある種のサボテンの上に成長しているのを見つけることができます。 葉の薄い種類は、多くの雨が降るようなところで成長し、葉の厚いものは、より乾いた地域で適合しています。 ある種のものは、地面と着生両方に生育しますが、土は、これらのユニークな植物を栽培する必要ではありません。 チランジア属は、葉の持つ細胞から特別に水と栄養が取り入れられることを可能にする様に進化しました。 チランドジアの根とそれに類するもの、チランドジアの葉、がそれら自身を対象物に付けるためにワイヤーのような固定用のものとして用いられます。 しかしながら、チランジア属は寄生的ではありません。彼らは、それらのものから栄養を得ません。 チランジア属の成長は、一つとして、だんだん成熟して、開花するサイクルを持っています。 たいていのチランジア属は、少数の例外はあるが、生涯に一度だけ咲きます。 咲いた後に、新しい芽が“マザー”植物の基の周りに、あるいは先端にできてきます。 彼らは、種類の違い、成長する状態などのいろいろな条件が重なって、1年から数年かけてやがて成熟して、開花サイクルを完了するでしょう。 チランジア属は、土を必要とせずそしてそれが良いことであることがゆえに、ほとんど何でも(岩、シェル、水噴水の周りの陶器、流木、は虫類の水槽など)つけることができます! チランドジアは、動物に有毒でなくて、そして害無く簡単に送れます。

植物の世話

あなたの植物の外観は、必要不可欠な形状で大変変わっていてとてもすばらしいものです。 一般に、緑からグレーがかった柔らかな葉を持つチランドジアは、高湿度て、頻繁な水やり、そして遮光されたところをより好みます。 硬い葉を持つライトグレーからグレーのプラントがもっと多くの光とより少しが水をやることを必要とします。 すべてのチランジア属は良い空気循環が好きで、そして 水遣りの間は、乾ききっていることが必要です。 周期的にあなたのプラントを動かして、そしてそれが最も良い場所か、実験し観察してください。

照明タイプ:チランジア属は明るい、間接的な日光、螢光性のオフィス照明、あるいは霜によって守られた陰にされる中庭を大目に見るでしょう。 一般に、直接の太陽は推薦されていません、しかしながら、若干の多種多様さが若干の早い朝の太陽を処理することができます - (彼・それ)らが咲く前に、これは“赤面”(変化色)に(彼・それ)らを許すでしょう! もし蛍光灯が使われるなら、プラント(s)から12以上(12)インチ位置するべきではありません。 屋内で成長するとき、もしあなたの植物がウインドウの近くで置かれるなら、もっと良い成長と花が起こるでしょう。

水をやっている頻度:可能であるとき、プラントを(彼・それ)らの容器から取り除いて、そして頻繁にスプレーをかけるか、あるいは、(彼・それ)らがずぶ濡れになるまで、蛇口あるいはホースの下で(彼・それ)らをすすいでください。 思い出してください、大部分が雨が降るところ(に・で)当然増大します! 常に植物のベースが、それをその容器に置く前に、乾くことを可能にしてください。 ∥水をやることについての頻度∥(1週間に何度か)∥上に事情によるであろう∥:∥(1。)∥温度変化(夏対冬)∥(2。)∥それが、屋内で、あるいは屋外で、そうであるか否かにかかわらず∥そして(3。)∥(柔らかい、緑の灰色であるか、あるいは堅い、灰色にライトグレーのリーフに緑の)多様∥。 一般に、しぶきあるいはすすぎ方法で、あなたは2-3回1週間屋内のチランジア属、そして3-4回1週間屋外のチランジア属に水を飲ませるべきです。 ∥より暖かい、そしてもっと乾燥した条件で∥、∥オーバーナイトでずぶ濡れ∥(∥浸す∥水のバケツで)∥スプレーをかけることあるいはすすぐことよりいっそう効率的に(彼・それ)らを rehydrate するであろう∥。 再び、容姿はあなたの植物’sの必要の最も良い表示です。 徴候を認識することを学んでください。 最も頻繁な(人・もの)は屋内である - 増やされたチランジア属さいころが水と光の欠如からであると論じます。 ただ時折あなたのプラントを霧をかけることは十分ではありません。 あなたの植物は頻繁なベースの上に水をやって商品をずぶ濡れであるという状態で必要とします。 適切な火がつくことは等しく重要です。

肥料:1カ月1度ブロメリア肥料(17-8-22)を使ってください(10月に行進してください)。 咲くことに対して、それは特別にです、そして再現! もしブロメリア肥料が利用可能ではないなら、他の水溶性の肥料が(敏速な Grow 、奇跡 - 成長してください、など)1/4の力において使われることができます。

’sをして、そして’T’sを身につけてください

してください:(特に大きい肉付きが良い多種多様さで)水をやった後で、超過の水を振り落としてください。 再び、アンマウントされたチランジア属と一緒に、ベースを、その容器 / ディスプレイでそれを返す前に、乾かせることを確かにしてください。 弾力性の高い、薄い leafed の多種多様さ(T・ Butzii 、T・ Juncea など)、(彼・それ)らがより速くアルコール依存を脱却する(とき・から・につれて・ように)、エキストラが(彼・それ)らの助言の上にスプレーをかけます。 可能であるとき、同じぐらい(彼・それ)らをのりで付けることに反対の自然のホールで植物を容器に置いてください。 これは(彼・それ)らに水をやって、特にあなたがずぶ濡れの方法を使い、そしてあなたが’tを身につけるとき容器全体が、その場所でそれを入れる前に、乾くのを待たなければならないことをずっとより容易にするでしょう! どんなも茶色の、乾燥しているか、あるいは傷ついた(素質)葉(これは植物を傷つけないであろう)を削ってください。 もし植民地を形成することを委ねられるなら、チランジア属がずっともっと元気であるので、“母親”プラントの上に動物の子(赤ん坊)を置き残すか、あるいは、削除する前に、それが“母親”植物の大きさに達するまで、待つことは最も良いです。 けれども、もしあなたが望むなら、(彼・それ)らの色が干上がるとき、あなたは bloomed-out の花を切断してもよいです。

ドン’t:ドン’tがルートのことで心配します。 あなたは(彼・それ)らを容器((彼・それ)らは再び生えるであろう)に置くことをより容易にするために(彼・それ)らを切断することができます。 (彼・それ)らは同じくそのように水をやることがより容易です。 大きい、肉付きが良いチランジア属のクレバスに置かれているドン’t休暇水。 超過の水を振り落としてください! ドン’tがベースの周りに湿気を支える容器に(彼・それ)らを入れました。 再び、(彼・それ)らのディスプレイあるいは容器に(彼・それ)らを返す前に、(彼・それ)らを上手に乾かせてください。 開花期(開花期でのずぶ濡れの花の長期の期間が(彼・それ)らを腐敗させるであろう)である間に、ドン’tがチランジア属に水を飲ませるずぶ濡れの方法を使います。 ドン’tが(彼・それ)らをフリーズさせました! 40度(華氏)の上に(彼・それ)らの環境を温度にしておいてください。
遂行
チランジア属が土地に成長して、そして成功するように要求しないので、(彼・それ)らは伝統的なプラントのために利用可能でない多くの方法で示されることができます。 液体 Nail 、熱いのり銃、 Goop 、あるいはどんな類似の接着剤でも使うことによって、(彼・それ)らはほとんどどんな表面にでも、(彼・それ)らのルートとベースによって、マウントされることができます。 釣りラインあるいはどんな非銅のワイヤーでも使うことによって、植物は同じく愛着を感じ得ます。 (彼・それ)らがリーフとベースから超過の水に乾燥することを許す方法で適応させられるように、注意が植物に填まるためにとられるべきです。 これはチランジア属 Bulbosa 、 Caput - Medusae とセレリアーナのような bulbous-based 多種多様さで特に重要です。 持ちこたえて、そして水を捕える多肉質の葉を持っている他の多種多様さが同じく同じく填まられるべきですか、あるいは注意が水が4時間より超過したプラントの上に残っていることを可能にされないことを保証させられるべきです。 適切な排水設備を保証することに関しての失敗があなたの植物(s)を腐らせるでしょう。

FvsC

WHAT IS A TILLANDSIA?
Tillandsia, the largest genus of the bromeliad family, is indigenous to South and Central America and southern parts of the United States. Varieties can be found growing on trees, rocks, cliffs, and some types of cacti. Thin-leaf varieties grow in areas with more rain, and thick-leaf varieties in areas more subject to drought. Although some varieties are both terrestrial and epiphytic, soil is not a necessity to grow these unique plants. Tillandsias have specially developed cells that allow water and nutrients to be taken in through their leaves. Their roots, and on some varieties, their leaves, are used as wire-like anchors to attach themselves to a host. However, Tillandsias are not parasitic; they derive no nutrients from their host. Tillandsias have a growth cycle starting with one plant growing to maturity and then blooming. Most Tillandsias, with a few exceptions, bloom only once in their lifetime. After blooming, new plants form around the base or along the stem of the “mother” plant. They will then eventually mature and complete their blooming cycle in one to several years, depending upon the variety and growing conditions. Tillandsias, because they don’t need soil to grow and prosper, can be placed in or on almost ANYTHING (rocks, shells, pottery, driftwood, around water fountains, reptile tanks, etc.)! They are NOT toxic to animals, and are easily shipped without harm.

PLANT CARE
The appearance of your plant is the greatest indication of its particular needs. Generally, plants with soft, green to green-gray leaves require high humidity, frequent watering and prefer shaded areas. Plants with stiff, gray to gray-white leaves require more light and less watering. All Tillandsias like good air circulation and should be allowed to dry out between waterings. Experiment by moving your plant periodically and noting which location it grows best. Lighting types: Tillandsias will tolerate bright, indirect sunlight, fluorescent office lighting, or a frost-protected shaded patio. Generally, direct sun is not recommended, however, some varieties can handle some early morning sun - this will allow them to “blush” (change colors) before they bloom! If fluorescent lighting is used, it should be located no more than twelve (12) inches from the plant(s). When growing indoors, better growth and blooms will occur if your plant is placed near a window.
Watering frequency: When possible, remove plants from their containers and spray HEAVILY, or rinse them under a faucet or hose until they are dripping wet. Remember, most grow naturally where it rains! Always allow the base of the plant to dry before placing it back in its container. Frequency of watering (how many times per week) will depend on: (1.) Temperature variation (summer vs. winter) (2.) Whether it is indoors or outdoors, and (3.) Variety (soft, green to green-gray or stiff, gray to gray-white leaves). Generally, with the spray or rinse method, you should water indoor Tillandsias 2-3 times a week, and outdoor Tillandsias 3-4 times a week. In warmer and drier conditions, an overnight soaking (immersing in a bucket of water) will rehydrate them more efficiently than spraying or rinsing. Again, appearance is the best indication of your plant’s need. Learn to recognize the symptoms. The most frequent reasons indoor-grown Tillandsias die is from lack of water and light. Simply misting your plants occasionally is not sufficient. Your plants need a good dripping-wet watering on a frequent basis. Adequate lighting is equally important.
Fertilizer: Use Bromeliad fertilizer (17-8-22) once a month (March to October). It is GREAT for blooming and reproduction! Other water-soluble fertilizers can be used at 1/4 strength (Rapid Grow, Miracle-Grow, etc.) if Bromeliad fertilizer is not available.
DO’s AND DON’T’s
Do: Shake off excess water after watering (especially in the large fleshy varieties). Again, with unmounted Tillandsias, be sure to let the base dry before putting it back in its container/display. Give tall, thin-leafed varieties (T. Butzii, T. Juncea, etc.) an extra spray on their tips, as they dry out faster. When possible, place plants in containers with natural holes as opposed to gluing them. This will make it much easier to water them, especially when you use the soaking method, and you don’t have to wait for the whole container to dry before putting it back in its place! Trim away any brown, dried or injured (bent) leaves (this will not harm the plant). Since Tillandsias are much heartier if left to form a colony, it is best to leave pups (babies) on the “mother” plant, or wait until it reaches the size of the “mother” plant before removing. But, if you wish, you may cut off bloomed-out flowers when their color dries up.
Don’t: Don’t worry about roots. You can cut them off to make it easier to place them in containers (they will grow back). They are also easier to water that way. Don’t leave water sitting in the crevices of big, fleshy Tillandsias. Shake off the excess water! Don’t put them in containers that hold moisture around the base. Again, let them dry well before returning them to their display or containers. Don’t use the soaking method to water Tillandsias while in bloom (prolonged periods of soaking flowers in bloom will rot them). Don’t let them freeze! Keep their environment temperature above 40 degrees Fahrenheit.
MOUNTING
Since Tillandsias do not require soil to grow and prosper, they can be displayed in many ways not available for traditional plants. They can be mounted, by their roots and base, to almost any surface by using Liquid Nail, a hot glue gun, Goop, or any similar adhesive. Plants can also be attached by using fishing line or any non-copper wire. Care should be taken to mount plants so that they are oriented in a manner that allows excess water to drain from the leaves and the base. This is especially important in bulbous-based varieties like Tillandsia Bulbosa, Caput-Medusae and Seleriana. Other varieties with fleshy leaves that hold and trap water should also be mounted like-wise, or care should be given to ensure that water is not allowed to remain on the plant in excess of 4 hours. Failure to ensure adequate drainage will cause your plant(s) to rot


inserted by FC2 system